画像1


画像2


整理番号 01-00023893
サークル名 南部菱刺しの会 ( なんぶひしざしのかい )
簡単な内容紹介 青森県八戸地方に伝わる伝統技術
活動内容 青森県八戸市近郊の農村にのみ伝えられた刺子(さしこ)の一種です。
寒さの厳しい土地で、家族の衣服を整えるために、女性が一針一針心と技を込めて刺した晴れ着や農良着(のらぎ)が、元来の作品です。
現代ではその実用性はなくなりましたが、伝統技術を何とかして伝えるために、集って作品作りをしています。
材料は麻や木綿の布と刺子糸や刺繍糸等で、特別な道具は使いません。伝統の古い柄(4百)を今の私達の身の廻りに生かした作品作りに励んでいます。
昼食をはさんで午前のみ、午後のみの参加でも構いません。
2014年4月には第1回の、2015年9月には第2回のグループ展を開き、大勢の方に「南部菱刺し」を伝えました。
尚、耳に障がいをお持ちの方もできますので、大歓迎です。
活動日 第3月曜日
活動時間 10時30分から16時30分
活動場所 文化会館たづくり 11階 みんなの広場
対象者 中高生、青年、成人、シニア、障がい者
入会条件 特になし
レベル 入門
入会金等 入会金 なし
材料費は別途負担
会費 1000円 / 月
主な年齢層 50代、60代、70代
会員数 女性 20人
専門分野 くらし/編み物・手芸
このページより先のリンク先は、外部へのリンクとなる場合があります。各自の責任で閲覧をお願いいたします。